· 

工作天国!の巻(前編)

こんな風に工作を楽しんだの、いつぶりだろうか~。

 

この夏は、元気なこども達と夢中なおとな達に混ざって、工作パラダイスを楽しみました。

 

おととしから毎年夏に開催されているアートイベント「こどもアートアドベンチャー」(東京都練馬区)。

 

歌やお芝居のステージ、

楽しい工夫のワークショップ、

みんなで力を合わせて完成させる特大のライブペイント

 ほかにも盛り沢山の人気イベントです。

 

 

写真はNPO法人3.11こども文庫さんのフェイスブックページからお借りしちゃいました〜。

すみません!

(気がついたら開催中写真1枚も撮ってなかった…)

 

毎年ボランティアスタッフで参加しているのですが、イベント当日の熱量たるやすごいのです!

 

開場直後のこども達はまだ状況がのみ込めていないのか、ほとんどの子がポワ~っとした顔でメイン会場へ入ってきて、

おとな達にうながされるまま前の方へ詰めて座って、あたりをキョロキョロ。

 

そのポワ顔がオープニングライブの楽しい音楽が始まった途端ハッ!としてキラッ!として、

 

ライブが終わるころにはこども達の脳内が

 

どうやらここでは(ドキドキ)

たのしいことが(ドキドキドキ)

たくさんできるっぽいぞー!(ドキドキドキドキー) 

 

みたいなことになるのか(きっとそう)広い会場中にわわわっと散らばって、

あっという間にそこここで夢中になって遊び出すのです。

 

私はメインフロアの一角にある「こどもアトリエ」の担当でした。

“ ここにあるものなんでも好きに使って工作していいよ” のこのパラダイスは、整理券なし、人数も時間制限もなしということもあって、こどももおとなも入り乱れ、終始しっちゃかめっちゃか!

 

私はそのなかで危険がないかを見渡しながら、ときどき問い合わせに応えたり、ときどき「いいのできたね~」と話しかけたり、そしてときどき自分も工作を楽しんだりしたのでした。

 

 

 

 

写真は嵐の前の静けさ…。

 

 

つづく (なぜかひっぱる。)